谷(たに)26才
T:155 B:83(C) W:62 H:87

得意技:言葉責めをしながらの手コキは得意です。

性感帯:耳たぶを触られるとジュンとしちゃいます。

谷さんに「責めの極意は?」と問えば、「パートナーへの愛情」という答えが返ってきます。自らの快楽よりも、相手を気遣う心のゆとり。お互いの信頼関係の上にプレイは成立するのだと改めて考えさせられます。同じ手コキでも、谷さんの手コキは言葉責めがプラスされた彼女独自のもの。淫靡な言葉を浴び続けた脳は理性を失い、悲しいくらいに彼女の手技に身体が反応してしまいます。そう、全てを曝け出し、彼女に身を委ねるしかないのです。
貴田(きだ)35才
T:160 B:83(C) W:60 H:86

得意技:愛情たっぷりのDキスとねっとりフェラチオです。

性感帯:恥ずかしいですね…。クリ○リスです。

今まで、本当の意味でのセッ○スの楽しみをご存じなかった喜田さん。最初は受け責めどちらも大丈夫と仰っていたのですが、回数を経て、ご奉仕するMっ子に目覚めてしまったようです。まだ熟練者とは言えませんが、フェラチオに関しては既にリピーターを獲得するまでの技術になっておりますので、どうぞお試しください。ただ、それ以外に関しては、一つに集中して学ぶため未だ未熟な部分もございますので、お客様が開発されるのもご一興かと存じます。
岩下(いわした)26才
T:156 B:88(F) W:60 H:84

得意技:Dキス・ローションをたっぷり使った手コキ

性感帯:胸と脇腹を舌先で這われるとイクーってなり

素人っぽいあどけなさを残しつつも、プレイはしっかりの岩下さん。爆乳一歩手前の美巨乳で、隠れ巨乳でもあります。「巨乳尻窒息責め」では、押し並べて悶絶状態。柔らか美巨乳に顔全体を包まれるや否や、俗世からタイムトリップし、幼児期へ退行したかのような錯覚に陥ります。男性が喜ぶツボを押さえる巧さも持ち合わせています。素人っぽい印象を残しながら、濃厚なプレイで責め立てる。そのギャップに否が応でも興奮を掻き立てられることでしょう。
近藤(こんどう)30才
T:164 B:84(D) W:61 H:86

得意技:焦らしながらの手コキ&フェラチオです。

性感帯:おへそ周りとわき腹を刺激されるとダメです

「東男に京女」などという諺にもございますように、昔の人は淑やかな京都女性を理想としていました。初めて近藤さんを見た時、私はその言葉がまず浮かびました。本人は責め派を公言して憚らないようですが、がさつなところは一切無く、責められているようには感じないのだが、いつの間にか責められているという夢想的な感覚に陥ります。痴女の気があるのは間違いないようで、S系の手コキ&フェラはお客様より大変ご好評を頂いております。
上村(かみむら)28才
T:158 B:84(D) W:64 H:88

得意技:恋人のようにイチャイチャするプレイです。

性感帯:小さな胸とお尻をサワサワされるとだめです

「情けは人の為ならず」。あなたは上村さんとのプレイでこの諺を想起なさることでしょう。すなわち、責めれば責めただけあなたに返ってくるのです。なかでもシックスナインは圧巻。やおら両手で大陰唇を広げ舌先で執拗にクリ〇リスを擦り上げてやれば、夢中で玉袋を揉みしだき、ぷっくり厚めの唇を涎まみれにしながら肉棒を尺り倒してきます。そして、打てば響く感度の良さも特筆もの。責め続けると商売抜きで逝ってしまいますから。
大野(おおの)25才
T:164 B:86(E) W:60 H:85

得意技:男性を見上げながらするフェラチオです。

性感帯:全身で特にクリ○リスと恥ずかしけどアナル

元々ナースのお仕事をされていたという大野さん。自己犠牲の精神は、その時に培われたものかもしれません。彼女の身体全体が性的感性の塊。決して苦痛や自虐だけで快楽を感じる訳ではありません。身体の一部に触れられるだけでも敏感に反応してしまい、性的興奮を求め続けてしまうそうです。自分がMだと気付いたのは大人になってからだそうで、「サディズムとマゾヒズムは表裏一体である」という主張を彼女自身が体現しています。
和泉(いずみ)28才
T:158 B:85(D) W:62 H:83

得意技:時間をかけた、ねっとりとしたフェラですね

性感帯:耳と首筋に息を吹きかけられるとダメです。

SかMかの性的嗜好で言えば、和泉さんは両刀使いになります。しかし、彼女が器用な人間なのかと問われれば、その答えは「NO」です。不器用が故に一つ一つのプレイに真剣に取り組まざるを得なかった。そのことが結果として彼女のプレイの幅を広げたようです。山口県の県民性でしょうか、情に厚く、心優しい性格です。ミーハーに見られるようですが、考え方は非常に堅実。仕事も妥協せず、一生懸命さに心打たれます。伸び代のある28歳です。
片瀬(かたせ)32才
T:163 B:82(B) W:60 H:82

得意技:ローションをたっぷり使った寸止めプレイ

性感帯:ひざ裏と内ももを刺激されるとダメ!!

「矯正」には、「欠点・悪習を正常な状態に直す。」という意味があります。社会の軋轢に揉まれ、自分のニュートラル・ポジションを見失いかけた人々が、彼女の手を借りて見事に更生されていく様はまさに圧巻。彼女の得意プレイでもある「幼児プレイ」でパートナーの身も心も裸にし、止めの「足コキ」で隷属性をさらに高め、倒錯的な状況からフィニッシュへと誘導します。計算され尽くしたプレイにパートナーはなす術も無く、身を委ねるしかありません。
内谷(うちたに)25才
T:158 B:87(D) W:61 H:85

得意技:卑猥な隠語を使っての言葉責めプレイ

性感帯:オッパイと脇腹を責められると弱いです。

「三つ子の魂百まで」と言いますが、小さい頃から性に関心を持っていた彼女がこの業界に入るのは必然だったのではないでしょうか。25歳にして「歩く淫語辞典」と化した彼女ですが、未だ相手から言われることには慣れていないようで、お客様からの言葉にはつい顔を赤くしてマ○コを濡らしてしまうそうです。そして、彼女のフェラをどうぞ褒めてあげてみて下さい。嬉しそうに頬を染めた彼女がお客様を最高の時間に導いてくれます。ココだけの話、褒められると彼女はさらに、お客様にご奉仕をしてくれますよ。
鮫島(さめじま)29才
T:159 B:84(D) W:61 H:82

得意技:時間をかけて、ゆっくりとするフェラチオ。

性感帯:手の指と指の間を舌で舐められると弱いです

留学経験もあるバイリンガル。英語を話せる職業には全く興味が無かったようで、それよりも自分の性欲を活かせる仕事に就きたかったそうです。付き合っていた彼氏が米国人だったこともあり、その時に色々なテクニックを覚えました。特にフェラはほとんどイラマチオに近い状態だったとか。華やかな場所が似合いそうにも見えますが、本人の性格は内向的で、常に自分のテクニック磨きに余念がありません。彼女の努力はやがて実を結ぶでしょう。